英語

日本人は、海外旅行が大好き

日本人は、海外旅行が大好き

(公開: 2018年5月12日 (土)

日本人は、海外旅行が大好きです。その裏付けに、ジェネレーションによりちょいとの前後はあるにせよ総体を通すと「69.6%」もの人が最少1回は海外に行ったことがあると回答しています。そんな中、今回、回答に協力してくれた人に次、行って見たい世界を聞いているとなんと映えある第1位は、「米国」と答えていることが分かりました。
ところで、そのわけを聞くと、米国は、フリーかつ解放的で将来に行ったような体感となりもう1人の自分自身に出会える感じになるといいます。ただ、これはこれまでの日本を見れば読みとるすることができます。というのも、そもそも日本人は、気よわい性格であるためフリーダムという感じのある国や外国に行くだけで、「自身も変われるのでは?」と見えるようです。
ただ、これは外国に1回でも行ったことがある人であれば、何となく見いだすすることができるはずです。というのも、人は、日々の暮しを離れ去ることで解放的となり、何でもできるようになるからです。その極致は、日本では英語をまったく話せない人であっても、外国に行くだけで英語を頑張っておしゃべりするようになり帰宅後は、「より話せるようになりたい」と求めるようになります。
さらに、こころもち英語を話したことがある人は分ると思いますが、「言葉の量=楽しさ=変化度合い」ということです。その成り行き、言葉を現場で話したことがある人はしかる後、外国の虜となり何度も足を運ぶようになるのです。これが海外にハマる理由の1つです。ただ、このようなことが分かると、「言葉を話せない」というだけで、楽しさを半減させ機会損失をしていることが分かります。