手を使う50代女性に多い手の痛み

手を使う50代女性に多い疾患に手根症候群があります。

手のひらの付け根にある神経が圧迫されてしまうことで、手の感覚失われて麻痺のようなような症状が出る疾患です。

最初は親指の内側と、人差し指、中指、薬指と手のひらにしびれと痛みが起こり、感覚が鈍くなってきます。

症状がひどくなると手首を叩くと痛みが指先まで広がったり、睡眠中に手がしびれて明け方に目が覚めてしまったりすることが多く、小指と薬指の半分がなんともなければ手根症候群が疑われます。

 

症状がある時には、安静に保つ為にテーピングやギブスをして、手首を固定して安静に保ちます。

更に、状態によっては薬物療法で、消炎鎮痛薬を服用したりもします。

それでも耐えれないときや筋力が落ちた時などには最後の手段として手術が行われるのが一般的です。

手には、筋肉をはじめ、腱、靭帯、神経などが複雑に入り組んでおり、手や指を使い過ぎると、腱と腱鞘がこすれて腱鞘炎などの関節周囲の炎症が生じたり、親指の付け根の筋肉が衰えたりすることで、神経が圧迫されてしびれたりすることがあります。

このように手や指にも筋肉があるので、当然、それが弱ければちょっと使っただけで筋肉の使い過ぎになってしまいます。

筋肉が強い人に比べれば、発症する可能性もそれだけ高くなることになります。

 

その為、無理のない範囲で運動し筋肉をつけることも必要です。

日頃から指や手を適度に動かして、筋力をつければ痛みも防ぐことにも繋がるでしょう。

【福辻式】腱鞘炎改善プログラム